ときどき質問される内容で

有名人では誰の声が好きですか

ときかれる時があります・・・

ナレーションの声では

草剛さんの声が好きです

 

時間があえばTV番組で

『ブラタモリ』

を見ることがあります

その時の草さんの声が

本当にいいなと思います。

特別いい声というようなふうには

思わないのですが

印象のいい声だなといつも思いますし

こんな印象を持たれる声になりたいなとも

思いますね

そして

井上陽水さんの「瞬き」がいいですね

陽水さんの声は、宇宙のような

不思議な魅力の声です。

 

声ってオモシロい!

 

 

日本朗読協会主催

朗読だいすきコンクールの

募集がすでに始まっています。

 

朗読力の向上と朗読を始めることの

きっかけを願い開催されるものです。

 

「個人部門」と「ツイン部門」があります。

個人部門は、18歳以上。

 

ツイン部門は、3歳以上で、

二人の合計年齢が20歳以上が出場条件。

親子や会社の同僚など

コロナ禍ならではの組み合わせ、

きっといい思い出になります。

 

詳細は、こちらをご覧下さい。

 

http://roudokudaisuki.or.jp/aboutus/eventguide/contest202012/

 

有料ではありますが、希望すれば

提出音源に対する

コメントもあります。

 

朗読初心者の方や、

いきなり個人部門は気が引けるという方には

ツイン朗読に挑戦することを

おすすめします!

 

二人での応募は心強い上に

楽しく練習できます。

作品の解釈や読み方なども相談し合えます。

 

締切は、9月20日です。

まだまだ間に合います。

 

ぜひ、トライしてください!

 

 

 

グループLINEで話し合い

会場・チラシ・チケットに必要な内容を

どんどん決定しているらしく、報告が入る。

頼もしい!

中でも会場さがしは、

予算と照らし合わせながらなので

たいへん!

短期間でそれもクリアし、

チラシ・チケットのイメージもかたまったよう。

後は、プログラム・・・。

現在の所は、特に問題なく進んでいるようです。

このまま、穏やかに見守っていければと

願っています。

 

全7回のスペシャルクラスが

始まりました。

 

次の授業までに決めなければならないことが

たくさんあります。

普段のお稽古なら

次のお稽古日までに、朗読の練習を

する程度だけれど

このクラスは

そんな悠長なことはしていられない。

なぜなら

7回目(10月中頃)には自分たちが主催するの発表会を

しなければならないからです。

会場選び〜当日のプログラムまで全部です。

7回目までにどんな人間模様と

発表会をみせてくれるのでしょうか。

心配もしますが、

信じて楽しみにしようと思います!

 

Question 9

 

新しいクラス、スペシャルクラスに興味がありますが

日程が合いません。

都合の良い日、1日だけ

参加することは、できますか?

また、今後もこのようなクラスは

ありますか?

 

Answer

密集を避けるためにも

1日だけといった参加は、

受けておりません。

参加する方で7回の内

やむなく2回までは、お休みを認めています

が、

休まれる日でも

会場費および外部講師料として

半額頂戴することとしています。

今後については、

まだ、日程は確定していませんが

来年3月頃までに、コラボ楽器を変えて

第2回スペシャルクラスを

開講する予定です。

その際には、ぜひご応募ください。

 

Question 8

新しいクラス(スペシャルクラス)では

楽器とのコラボができると書いてありました。

具体的に教えてください。

 

Answer

今回のスペシャルクラスのコラボ楽器は

二胡です。

二胡の楽器の伴奏付きで朗読を

体験していただきます。

仏典童話だけでなく

中級テキストから

「夢十夜 第一夜」「やまなし」

などです。

(2麑9/19の予定です)

Question 7

しろうさぎのかぜ朗読教室さんの生徒ではないのですが

参加はできますか?

また、アクセントは少しは勉強しているのですが

大丈夫でしょうか?

 

Answer

先着順ですので、参加できる場合は

ご連絡ください。(現在6名です。)

アクセントについては、辞書の引き方が

わかっていれば大丈夫ですよ。

心配な場合は、

8/24・25のオンラインレッスンで

あなたの読みをお聴かせて下さい。

 

 

 

オンラインでのレッスン希望者が

増えてきました!

 

本来私は、直接お会いして

レッスンを進めたい方なのですが・・・

withコロナ 

前向きにオンラインレッスンを取り入れることにしました。

 

コロナでレッスンにこれなくなった生徒との再会

他府県にお住いの朗読講師を希望する方との出会い

オンラインレッスンに期待したいと思います。

 

正式には9月から始めたいと思いますが

下記2日間だけ、

お試し個人レッスン(無料/30分)をいたします

先着7名

8/24日曜18:00済み19:0020:00

8/25火曜13:00済み14:0015:0016:00

お申し込みは、希望日時を記入の上

メールにてお申し込みください。

今回はお一人30分のみとさせていただきます。

10分前から準備してお待ちいたします。

zoomのダウンロード(無料)が

必要です。

詳しくは、お申込み後にお知らせいたします。

 

 

 

毎日コロナのニュースを見ながら

開催それとも中止すべきだろうか・・・

そんな気持ちを抱えながらも

望んだ発表会でした。

ご来場下さった皆様、

本当にありがとうございました。

さて

オープニングは、ファゴットの独奏から。

この日のために作曲して下さいました!

1部のイメージとファゴットの音を活かした

素敵な曲でした

アンケートでもいい評価をいただきました。

 

1部、知覧の遺書等16作

生徒たちは、皆、本番に強いのか・・・

練習よりも良かったと思います。

指導の成果というよりも

発表会に参加することが生徒を

育てたのだと改めて思いました。

いずれにしても一安心でした。

 

2部、仏典童話(野呂昶「羽の水」より)2作

つじあけみさんと1作ずつ

朗読いたしました。

ファゴット伴奏とお話の相性が

よかったようです

また、お話も

来場者に興味を持っていただきました。

 

最後は、宮澤賢治作「雪渡り」です

いつもは一人で朗読なのですが

つじさんとツイン朗読いたしました

心強い相棒って感じで

楽しく朗読させていただきました。

 

発表参加の皆様

協力して下さったスタッフの皆様

ご協力本当にありがとうございました。

今後ともどうぞ、もよろしくお願いいたします!

7/25(土)13:30〜(開場13:00)

開催致します。

人数制限がございます。

80名

ご希望の方はメールにてご連絡下さい。

 

プログラム

1部:知覧特別攻撃隊員の「遺書」

2部:仏典童「羽の水」野呂 昶 作

:「雪渡り」宮澤 賢治 作

 

「雪渡り」の作品は、イラストを投影しながら

つじあけみさんと二人で

朗読いたします。